韓国の刺身「フェ」

韓国の刺身「フェ」

日本は生魚を食べます。海外には魚などを刺身で食べる習慣がない国もあります。韓国は刺身があります。韓国のお刺身のことを「フェ」といいます。魚の生だけではなく、生の魚、生の肉を食べることを総称してフェといいます。

 

栄なら貸切

 

でも韓国旅行に行って日本人が「刺身」とオーダーしても、十分に通じます。韓国のフェの場合、赤身よりも圧倒的に白身の魚が多いです。白身の魚を薄い切り身にしていただきます。生のお肉は牛肉を食べます。

 

 

 

牛肉のフェのことを、日本でもおなじみのユッケと呼びます。牛肉のフェは、醤油やコチュジャン、ごま油などを混ぜて、それを牛肉と混ぜて頂きます。生のレバーも、肉のフェに入ります。ごま油と塩でさっぱり食べます。

 

 

 

魚介のフェは、センソンフェと呼ばれ、多くの韓国の方々に人気の料理です。海沿いの地域にいくと大量のフェをみんなで食べています。新鮮なフェは韓国の方々にも欠かせない料理なんだそうです。

 

錦糸町 個室

 

タレはにんにくにコチュジャン、ゴマ、それにテンジャンなどを混ぜたもの、それにコチュジャンに酢というたれもあるようです。

 

川崎の美味しい居酒屋