栄養満点のサムゲタン

栄養満点のサムゲタン

サムゲタンは、韓国では夏バテ料理としてとても親しまれています。作り方ですが、 まずひな鶏または一般のニワトリをまるごと準備し、お腹の中に内臓が残らないようきれいに洗います。尻の部分は脂が多いので、切り取った方が良いでしょう。分量ですが、ひな鶏で作ると一人分、一般のニワトリで作ると4人家族全員が食べられます。

 

有楽町はやっぱり居酒屋

 

きれいに洗った鶏のお腹の中に、なつめや朝鮮人参、にんにく、栗、もち米などを詰め込み、水を注いで煮込めば出来上がりです。水の量は、鶏が浸かるくらいの量を入れればオーケーです。

 

 

 

一般の家庭では、圧力なべを使って作ると40分から一時間くらいでできあがります。 一般の鍋でもできますが、圧力なべに比べて少し時間がかかるでしょう。 できあがりの確認は、鶏に箸をさして、スーッと通ったらできあがりです。

 

 

 

スープは各自が器に注いで、好みに合わせて塩、こしょうで味付けして食べます。韓国風につぶしたニンニクや、きざんだネギを入れてもいいですし、辛いものが好きな方はコチュジャンや唐辛子などをお好みでスープの中に入れて食べてもいいですね。

 

 

 

韓国のスーパーなどでは、鶏の中にいれる材料の中で、なつめ、銀杏、健康に良い木の皮などがセットになって売られています。もし、手にはいるのならば、それらを使えば家庭でも本格的なおいしいサムゲタンを作ることができますよ。栄養満点のサムゲタンを、家庭でもおいしく作ってみてください。