キムチの食べ比べ

キムチの食べ比べ

キムチは韓国料理の代表料理ですよね。日本のスーパーマーケットでもキムチが売られていますよね。そもそもキムチとは、エビやイカといった魚介類の塩辛らナンプラーや煮干や唐辛子と塩で野菜を漬けたものです。

 

梅田でお気に入りの居酒屋、蔵之助

 

私達がよく食べるのは白菜キムチであるコスぺチュキムチやキュウリのキムチであるオイキムチや大根キムチのカクテキですよね。しかし、キムチの具材には色々なものがあります。牡蠣や渡り蟹をつかったキムチは日本の韓国料理レストランでも提供されるようになり、人気の料理となっています。ズッキーニやキャベツやワカメなどという日本では珍しい具材を使ったキムチもあるのです。

 

 

 

なかなかこういった珍しい具材を使ったキムチを食べられるチャンスはなかなかありませんが、今ではキムチに力を入れている韓国料理レストランも沢山登場してきました。是非珍しい具材を使ったキムチを発見したら、是非食べてみてください。自分のお気に入りのキムチを見つけるのも楽しいですよね。キムチには約200種類以上あると言われています。

 

 

 

また毎日新しい具材でキムチができるか、というのが研究開発されていますので、これからもその種類は増え続けていくことでしょう。また韓国料理レストランではキムチをそのレストランで漬けていることがほとんどです。そのため、キムチの味はレストラン毎に違うのです。

 

キムチは前菜という感覚でおざなりにしてしまっている人も多くいるかと思いますが、是非キムチを良く味わってみるのも楽しいのではないでしょうか。