韓国はなんといっても肉料理

韓国はなんといっても肉料理

焼肉で有名な韓国は肉料理の種類がとっても豊富です。とり肉と野菜を鉄板で辛く炒めたタッカルビ。豚のバラ肉を焼いて食べるサムギョプサル。下味を付けた牛肉を専用の鉄板で焼いて食べるプルコギ。

 

 

 

豚のバラ肉を中心に皮からカルビまでを焼くオギョプサル。このオギョプサルは日本で話題になっているサムギョプサルの事を言います。

 

 

 

このように日本でもよく食べられている韓国肉料理。ではここでちょっと変わった韓国肉料理を紹介します。

 

 

 

激辛に味付けしたとり肉料理プルタク。日本ではブルダックと言われていますが、本場の韓国ではとても日本人が食べれるような辛さではありません。この料理には注意しましょう。

 

 

 

チョッパルとは豚足をタレで煮込んだ料理です。日本でも豚足を食べる事がありますが、韓国の方が一般的によく食べます。

 

 

 

チムタクとは丸鶏を野菜や麺などと一緒に煮込んだ料理の事です。この料理はもともとアンドンの郷土料理でしたが2001年に突然ソウルで大流行し韓国全土で大人気の有名料理になりました。

 

トンカス。これは日本のトンカツの事です。韓国には「ツ」という発音がないためトンカスと呼ばれていますが作り方はトンカツと一緒です。ただソースが変わっていてドミグラスソースにケチャップを混ぜたような独特のソースをかけて食べます。

 

このほかにも韓国肉料理はたくさんありますが、本当の激辛の味付けはなかなか日本では食べる事が出来ないので本場の味を求めるなら韓国に行って食べてみるのがいいでしょう。