韓国の鍋・スープ料理

韓国の鍋・スープ料理

唐辛子をたっぷり入れて煮立てたチゲ鍋、肉をじっくり煮込んで作るタンなど韓国にもいろいろな鍋料理やスープ料理があります。

 

 

 

焼肉店によくある牛カルビを煮込んで作るスープ、カルビタン。タンとはスープやスープのある鍋を意味します。これは日本でも人気スープですね。

 

京橋で評判の個室居酒屋

 

日本の郷土料理にありそうなカムジャタン。カムジャタンとは豚の背骨とジャガイモを煮込んだ鍋料理です。作り方としては豚の背骨と長ネギ・にんにく・生姜などの香味野菜と一緒に長時間煮込み、出来たスープに塩・唐辛子・味噌などで味を付けます。

 

http://www.kasumigaseki-daining.com/

 

そして下ゆでしたジャガイモやそのほかの野菜を入れて食べます。残ったスープにご飯を入れて食べたりもします。カムジャタンは一般的な食堂には少なく、焼肉店やスープ専門店で食べる事が出来ます。

 

 

 

日本でも韓国でも人気の高い鍋はキムチチゲですね。チゲとは野菜や肉・魚介などを煮込んだ鍋料理の事です。そこへ白菜キムチ・豚肉・豆腐・長ネギ・タンミョンと呼ばれる春雨などを入れ塩・にんにく・唐辛子で味を付けて作るのがキムチチゲです。韓国では一番ポピュラーな鍋料理です。

 

 

 

日本ではなかなか食べられないのはコムタンと言われる鍋料理です。コムタンとは牛の胸部の肉、すね肉・肺・胃・腸などの内臓を長時間煮込み、その煮込んだ牛肉を薄切りにして具としてのせネギなどの薬味を加えて食べる鍋です。

 

日本ではなかなか食べる事が出来ませんが、韓国では全土にわたって定番の鍋で、学食や食堂など幅広く飲食店にあるメニューなのです。

 

この他にもまだまだ韓国鍋料理はたくさんあります。韓国では美と健康を考えた料理が多いので鍋料理は特に体に良い料理です。