韓国料理の豆知識

韓国料理の豆知識

 
日本食も確かに繊細な世界に誇れる食事ですが、
お隣の韓国も負けてはいないようです。
きっと皆さんの中には韓国料理の華やかな盛り付けが気に入っている人もいるのではないでしょうか。

 

 

韓国では基本的に「奇数」が好まれる傾向にあります。
特に数字の「5」は色んな場面で重んじられているものです。
韓国料理の盛り付けに関してもこの5色、つまり赤と緑と黄色、白と黒が基本にされています。

 

赤の食材とはなんでしょうか。
例えば味の大枠となる唐辛子やニンジン、なつめなどでしょう。

 

緑はネギやキュウリが通年で使われることが多いです。
黄色は殆どの場合、卵で表現され白い部分にはゴマや卵の白身が利用されます。

 

黒には味付けされた牛肉や椎茸が用いられるのです。

 

ですからこんな知識を持っているとより韓国料理を身近に感じ楽しむことができるのです。

 

もう一つ韓国料理に関して覚えておくことができるのは、
これが「混ぜる」文化であるということです。

 

例えば代表的な料理に「ビビンバ」があります。
これは味付けした具とご飯をよく混ぜてその複合した味を楽しむものです。
さらにスープがよく韓国では出てきますが、最後にご飯を入れて「クッパ」にして食べるのが一般的なのです。
このような混ぜる食文化が定着しているので食事の時に端だけではなくスプーンも使うことが定着しています。

 

ぜひ友達と韓国料理を食べる時にはこのような豆知識も疲労して楽しく食べてみることにしましょう。
韓国料理はきっと皆さんの楽しい時間のお供となるでしょう。