韓国料理のマナーとは

韓国料理のマナーとは

美味しい韓国料理をいただくときには最低限のマナーというものをやはり頭の中に入れておくことが必要になります。
少しここでは韓国料理のマナーに関して基本的なことを考えてみることにしましょう。

 

韓国では基本的に食事を箸だけではなく、スプーンを使って食べることになるのです。
基本的にはスプーンを内側、箸を外側に置くことになります。
例外的に横に置く場合には手前にスプーン、奥に箸を並べることになります。
韓国の料理は汁物も多いので、一般的にはスプーンで食べていく人が多いでしょう。

 

では箸はいつ使うのでしょうか。箸はおかずを器に取るときにだけ使うようにします。
箸で食事を進めていく日本食とはかなり違いますので覚えておきたい点です。
私たちは日本で器を持って食べるように教育されます。
しかしこれは韓国では逆に行儀の悪いこととされてしまうのです。
どのように食べたらよいのでしょうか。

 

器は決して持ち上げずスプーンで料理を口まで運ぶようにしてください。
また気を遣って日本人がよくやってしまうのでは大皿のおかずを取り分ける時に箸を逆さに使ってしまうことです。
韓国では食事を一緒にする相手には気を遣わないことが
暗黙のルールとなっていますので、この点もさっそくあてはめてみましょう。

 

食事を食べる「順番」にも気をつけることができます。
食事の席では目上の人がいる場合にはその人がまず手を付けることが一般的です。
日本人同士だったら気にすることもないかもしれませんが、最低限のマナーは覚えておきましょう。