人気があがる焼肉店

人気があがる焼肉店

今の日本で最も人気があって誰でも食べたい料理のNO1.は焼肉料理がダントツです。昔の日本人の食生活は新鮮な魚介類と野菜類を使った鍋料理や煮物などの日本料理か、肉類では焼き鳥が人気料理でした。

 

 

 

昭和39年の東京オリンピックからの経済の高度成長期に入って次第に洋食にも目が向けられるようになり、牛肉料理には「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」が次第に好まれるようになりました。

 

 

 

その中でも、韓国式の焼肉店は料金的にも当時は「すき焼き・しゃぶしゃぶ」よりも安く食べられたことも庶民の間で人気が上がる要因でも有りました。当時の日本人は、「すき焼き」は、自宅でお客を招いた時に、すき焼き鍋と牛肉、野菜、醤油、砂糖があれば出来ましたので自宅で作ることが多かったようです。

 

 

 

しかし、焼肉は煙の問題や焼き網などの問題から自宅では食べずに、焼肉店に出向いて食べる事がほとんどでした。最近は、家庭用の焼肉機器も販売されていますし「つけダレ」「キムチ」も販売されて言いますので自宅で焼肉パーティーもできますが、それでも基本的には外食で食べる魅力がある料理になります。

 

個室居酒屋 獅子舞 〜shishimai〜 浜松店

 

何と言っても焼肉店の魅力を決めるのは「牛肉」の良し悪しが一番のポイントになりますが、同時に肉を漬け込む独特の「揉みダレ」や「つけダレ」の味の特徴が大切になります。

 

 

 

また、焼肉の魅力には西洋のステーキや日本のすき焼きとは異なって、牛肉の色々の部位を少しずつ食べられる楽しみがあります。カルビ、ロース、ハラミ、サガリ、ホルモン、タン・・・などの種類が豊富でそれぞれの部位の美味しさが楽しめる事も人気の秘密です。