「離婚したい」

「離婚したい」

日本における離婚率というのは徐々に増加傾向にあります。結婚したカップル中、離婚したカップルの割合というのは約3割に届きそうな勢いです。

 

離婚率が高まる傾向にはこのような背景があると考えられます。女性にある程度の経済力がある場合が多く女性から離婚に踏み込みやすくなった、コミュニケーション能力が希薄になり夫婦間のコミュニケーションが上手く計れなくなった、核家族化によって夫婦をサポートしてくれる人が周囲にいない、というようなことがあげられます。そういった時代背景が後押しをし、日常生活で起こるトラブルが引き金となり、「離婚したい」という感情が芽生えてきます。

 

暴力を振るわれている、経済力がない、パートナーが不倫・浮気をしている、長年の恨みが積もりに積もっているの、性の不一致・セックスレスなど、引き金となる理由はさまざまです。

 

他に好きな人ができたから離婚したいというケースもあるでしょう。しかし、離婚も相手がいてからの問題。相手が離婚に応じなければ泥沼化してしまいます。