日本での焼肉の始まり

日本での焼肉の始まり

韓国料理と言うと誰でも真っ先に焼肉店を思い浮かべるぐらいに日本での韓国式焼肉料理は定着しております。本来の韓国料理は焼肉がメインではなく日本料理と同じように韓国式の宮廷料理もあれば、医食同源の流れをくむ精進料理のようなものもあります。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。赤坂見附 居酒屋は何を食べても美味しいのでうれしいです。

 

一般家庭用の惣菜料理も数多くの種類があって日本の家庭料理にも大きな影響を与えて来ました。韓国式の焼肉料理は主として牛肉、豚肉、鶏、魚介類、野菜類をジンギスカン方式の鍋や鉄製の網でグリルする料理です。欧米の焼肉料理は牛肉などを野外でチャーコールや薪木でバーベキューする習慣があります。

 

 

 

日本では、江戸時代までの古い時代は囲炉裏を囲んで天井からジザイを使って鍋を吊るした鍋料理と囲炉裏の炭火で串焼きにした鶏肉や魚類を焼いて食べていました。日本では明治時代の文明開化の訪れとともに、海外からの来賓たちをもてなすために農具の鋤「スキ」を使って「すき焼き」が考案されヒット商品になりました。

 

蒲田で貸切するならここ

 

そのご昭和の30年代台になって、鉄板の上で牛肉やエビなどを焼く鉄板焼も日本独特のステーキとして世界的に流行しました。焼肉料理の起源は人類が知った調理法の中で最も原始的なもので、人類が火山から出る光熱のマグマによって死んだ動物の肉を食したことから火の使いか方を学んだと言われております。

 

 

 

ですから、人類の初めの料理法が焼肉料理だと考えられております。韓国での焼肉料理はモンゴル族が食べてプルコギが初めと言われていますが、騎馬民族の韓国の北方民族や高原の騎馬民族であるモンゴル人は移動するのに便利な焼肉を食していました。

 

ぐるなびの更新代行に興味があるオーナー様むけ情報

 

現在の日本で流行している焼肉料理は、一説によるとこれらのモンゴル料理のジンギスカン鍋を手本にして日本人が改良した日本独特の準オリジナル料理とも言えます。特に焼いた肉をタレに付けて食べる方式とホルモンをメニューに入れているのは日本独特のアイデアとも考えられています。

 

ですから、韓国にはホルモンをメニュー入れている焼肉店は余り有りません。